ピアス肉芽…【クエン酸は危険!】原因と正しい治し方|看護師が解説 | ピアスケアガイド

ピアス肉芽

ピアスの肉芽、見極めが難しいピアストラブル

肉芽ができた!と、焦ってホットソークやクエン酸・軟膏などを試してはいませんか((+_+))??

実はこれ、みんなに使える治療法じゃないんです

ピアス肉芽には必ず理由があります。(陥入爪の肉芽もおなじです)

肉芽ができる理由を知って、原因を除去してあげれば、自然に治癒することがほとんど。

肉芽の原因と対策を解説していますので、症状に合わせた適切な方法をとってくださいねm(__)m

もちろん、自分での判断ができない場合、治らない場合はお医者さん(選び方はこちら)へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

肉芽腫とは

穴の周囲や横にプチッと出来たデキモノ

肉芽腫とは、慢性的な炎症に基づいて生じる腫瘤です。 (中略)
異物および、肉芽腫の摘出が原則です。

異物肉芽腫 – 日本形成外科学会

簡単に言えば、肉芽とは、ピアスや細菌などで炎症が長引いた際、異物をお肉で遮ってしまおうという体の防御反応のひとつ。

異物=ピアスを外せば多くの場合解決します。
ピアスを塞がずに肉芽を小さくする
方法は
「異物」という認識をやめてもらい「慢性的な炎症」を回避することです(*^-^*)

詳しくはこれから順番に説明しますね。

​ちなみに、呼び方は「にくが」というのが一般的ですが、実は医学界では「にくげ」と呼びます。(どうでもいいですか(^◇^))

他の「デキモノ」との見分け方

しこりとの違い

「しこり」との違いは、デキモノが表面に見えているかどうかです。

もちろん埋まったような肉芽もありますが、これは粉瘤などと同様に対応されるといいので、明確な違いの区別は必要ありません。

肥厚性瘢痕・ケロイド・腫れとの違い

問題なのは、ケロイドや肥厚性瘢痕、感染による腫れなどとの区別です。

腫れはデキモノではなく、単に赤く腫れぼったいだけ。(腫れの対応はこちら

実は、ケロイドや瘢痕の区別は専門ではないとDrでも難しいものです。

私もDrに間違えられたことが何度もあります。

肉芽が多くの場合原因を除去すれば自然に縮小していくのに対して、肥厚性瘢痕縮小しないか、ゆっくりです、ケロイド「傷」をきっかけとして、どんどん大きくなるので、病院での適切な治療が必要です。

ケロイドや肥厚性瘢痕との違いは、デキモノの形やいびつさ、大きくなり方です。
詳しくはこちらで説明しています

肉芽自体は痛みが無い

通常肉芽は痛みは無いです。

ただ、肉芽と一緒に傷や炎症があるときは、そちらの痛みを感じることがあります。

肉芽の原因

ピアスに見られる肉芽は

  • 異物(ピアスの圧迫や引力)によっておこる肉芽
  • 感染(バイキンの過度な増殖)によっておこる肉芽

にザックリと分類することができます。

異物が原因のもの=つまり

  • ナナメに刺さってるピアス
  • 重たいピアス
  • 曲がったピアス

では、片方に偏った硬い肉芽がよく現れます。

重いピアスの肉芽は引っ張られる方向にできる
バイキンに感染していると、
  • 炎症を起こし腫れを伴う真っ赤な肉芽

が多いです。

炎症によるピアス肉芽は赤く、腫れがありジュクジュクしていることも

刺激しすぎていたり、バイキンや負担を放置しすぎると肉芽は色素沈着で汚い黒っぽいものに。
瘢痕も黒っぽいです)
クエン酸療法でも黒くなっちゃいますが、これは壊死組織や痂疲(かひ:カサブタ)です。

もちろん、上記を併発することもあります。

良い肉芽」がちょこんとドーナツ型に穴の周囲に見えているぶんには問題ナシ。
そのまま優しく過ごしましょう。
ちなみに真っ赤な肉芽ほど、血管が豊富ですから早く治る傾向にあります。

 

さて、具体的な肉芽対策にまいります!

肉芽を治すために簡単に出来る対策

ピアスを外す

手っ取り早いのはピアスを外してほっとくことです。

でも、そうするとピアスホールは閉じてしまうでしょう…

今から、ピアスホールをキープしたままの改善策をお伝えします(*^-^*)

ピアスの負担を減らす ≪最重要≫

まずは全員ここからスタート!!
着けているピアスを「異物」と認識されないように工夫します。

シンプルなバーベルのボールも、4~5ミリあればなかなか負担になります。

ピアスの負担がある場合は

小さくする(ただし埋まらない大きさ)
軽くする(金属以外や、金属であれば純チタン)
短くする(ただし圧迫しない長さ)
​④それでもだめなら細くする

ストレート軸であることが前提です!
CBRはもってのほか。
※場所によってはカーブドバーベルを使いますm(__)m

インダストリアルの場合は、1本ずつに分けてあげることも考えて。
※もしかしたら方向が変わってしまうかもしれませんが、それだけ負担がかかっていたということ。変形ロングバーベルで楽しみましょう。

肉芽の治療用ピアスとしてシリコンチューブを使う事が多いですが、使いやすさや値段を考えるとはじめは軽いリテーナーがおすすめです。

負担が原因の場合はこれだけで肉芽が縮んでいきます。

私がいつも使っているのはこの2点

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シリコンピアス 2個入り 18G 16G 14G ケア用品 ボディピアス
価格:880円(税込、送料別) (2019/10/3時点)


↑肉芽治療で王道のシリコンチューブ。
シリコンはやわらかいので挿入しにくいのですが、ガイドワイヤーが着いてくるのでありがたいです♪
でも、初めて使う人には次のリテーナーがオススメ。


↑「シリコンチューブは使いにくい」…「見た目が・・・」という人向け☆
気軽に交換でき、見た目もきれい。
ツルっとした素材で、長さが選べるので助かっています♪

清潔を保つ

先程お伝えしたように、特に赤く腫れぼったい肉芽汚い体液が出てくる場合、バイキンを異物と認識している場合(感染性肉芽腫)が多いです。

清潔を保つことで皮膚の状態を良くすることは、すべてのトラブルの対策になります。

まずはケアの基本(リンク)に立ち戻って。

感染(化膿)が疑わしい場合は、感染対策のページを参照してくださいm(__)m
※感染の場合、テラコートリル軟膏などのステロイド軟膏は悪化を招くので禁止です(>_<)

ホットソーク

ホットソークは、金属アレルギーでは悪化の原因となりますが、それ以外の症状では

「絶対に良くなる保証はないけれど、温める効果や塩水で汚れを落とす効果を期待できる」

安心して気軽に試せる民間療法です。

詳しくはこちらで紹介してみますので、ぜひ試してみてください。

日本では知られていない、カモミールソークというものもありますよ

 

ここまでに紹介した対策は、特に初期の肉芽に対してかなり有効に働くことが多いです。

時間のたった肉芽には外科的な処置が必要なこともありますので、しばらく実践して効果がなければ、形成外科や皮膚科を受診してくださいm(__)m

そして・・・

ここからは、肉芽の性質を見極めて、治療の段階に応じて処置を変えていく必要のある治療

つまり、信頼できる医師と一緒に行ったほうがいい治療についてご紹介します。

肉芽を見極めて行う治療

ゲンタシン・ドルマイシンなど(抗生物質)を使う

これらの「抗生物質」軟膏は、肉芽に効くとしてかなりピアス愛好者の中で使われてきた軟膏です。

感染が原因の肉芽で正しく使用できれば効果が期待できますが、負担が原因だったり、単に体がピアスを異物としてとらえているような肉芽では効果がありません

それどころか「薬剤耐性菌」という恐怖の菌を生み出す可能性があります。

その点をしっかり理解して適切な場合に適切な分量だけ使用してください。

ステロイドの軟膏塗布・注射 をする

細胞の力を弱めることで、①炎症を起こすことと②余分な細胞ができること。を阻止する治療です。

過剰肉芽は一般に浮腫状の不良肉芽であることが多く,これを収縮させる目的で副腎皮質ステロイド外用薬を塗布する場合もある.局所感染のリスクがあるため漫然と使用せず,創面の状態が整ったら速やかに中止することが重要である.

創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―1 – 日本皮膚科学会

病院では注射と共に初期治療としてよく使われる方法です。

ただ、ステロイドにはバイキンと戦う力を下げてしまう副作用があるので、感染を起こしやすくする正常な皮膚ができにくくなる、やめた時に急に腫れるなど副作用があります。(詳しくは薬のページへ

「やめるタイミング」が難しい治療です。
信頼できるお医者さんに相談しながら治療ができるほうがいいでしょう。

圧迫療法

肉芽を上から圧迫(平らなトップ…リテーナー、ラブレットスタッド、円盤プレートなど使用)して、肉芽の増殖を抑る治療。

肉芽対策のピアスの形
ピアスの形による肉芽の場合

実際、スポンジなどを使って医療現場で瘻孔(体に穴をあけること)から出来た不良肉芽に対した治療で行われています。

私はよく斜めに空いてしまったホールCBRを着けて油断して出来た肉芽に対して、ラブレットスタッドで元に戻れ~~~と圧迫して縮めています(^^;

肉芽の圧迫治療にはこんなアイテムも
 

ただし、肉芽の性質によっては逆に大きくなっていくことも…。
おかしいな?と思ったら、皮膚科や形成外科で一度治療についての相談をして下さい。

クエン酸療法

この治療を医療現場で行っているという話はネット上でしか聞いたことがありません。
クエン酸水溶液を作成し、肉芽部に浸す治療です。

肉芽表面のタンパク質に化学反応でヤケドさせてカサブタにして除去しようというもの。

ただし、肉芽の性質や周囲の皮膚の損傷によっては潰瘍化(つまりどんどん酷くなる)ことも多い、危険な治療です。

クエン酸を使用せず、わざと傷を作ったり、炙って火傷を負わせて肉芽を縮小させる人もいます。

これらは同じような原理だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

オロナインは効くの?

オロナインは消毒軟膏の種類に分類されます。

消毒成分が入っていますが、完全に無菌にできるわけではありませんし、軟膏によるべた付き(汚れの原因)や刺激になるデメリットもあります。

直接的に肉芽に作用する可能性はほぼないに等しいので、むやみな使用は控えるようにしてくださいね。

詳しくは薬のページへ

潰すことで治せる?

肉芽を「潰す」ことが、治癒の助けになることはありません。

肉芽ではなく、膿瘍の場合は中から膿が出てきて楽になったり、良くなったように感じるかもしれませんがそれも根本的な解決ではありません

ただし不良肉芽と呼ばれる、治りが非常に悪い肉芽は外科的に切除されることもありますが、この処置はきちんと形成外科や皮膚科などの医師に行ってもらいましょう

自己判断では悪化の原因となってしまいます。

さいごに

いかがでしたか?

肉芽=クエン酸、肉芽=ドルマイシンと気軽に考えず、きちんと原因を理解して体に合わせた対処法をとってあげてくださいね(^^♪

★ありがちNGパターンチェック★
  • ピアスの軸が長すぎる
  • ナナメにささっている
  • CBRやフープを着けている
  • 飾り・素材が重たい
  • 耳に合わないピアスをしている
  • 傷つけたまま放置した
  • 無理な拡張をした

ピアスの選び方についてはこちらも参考にしてください

もちろん、

  • 治らない・・・
  • どうしていいかわからない・・・
  • もう専門家に任せよう!

という場合は病院へ!

専門は形成外科(整形じゃないですよ!)、皮膚科でも炎症や簡単な治療はできますが、専門的な外科治療になると先生に相談してみてくださいね。

コメント お気軽にどうぞ(試行中です)

タイトルとURLをコピーしました