ファーストピアスに薬用せっけんの洗浄はNG!|看護師が解説 | ピアスケアガイド

ピアス洗浄につかう石鹸の種類

ピアス:×薬用手洗い石鹸で洗浄するピアスの迷信

薬用石鹸は洗浄と一緒に殺菌もできるなんて一石二鳥じゃん!と思いがちなのが落とし穴。

手洗いの場合は良いんです(皮膚が弱くない限り)
傷に使用するのが問題なんです・・・

実はピアスホールが弱いうちの洗浄に薬用石鹸は向いていません。

洗浄方法の間違いでピアスホールの状態を悪くしている人がたくさんおられるので、トラブルを起こしているひとは石鹸にも気を配ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

薬用せっけんの成分

よくピアス(ファーストピアス)を開けた時、紹介される殺菌作用のある薬用石鹸で代表的なのは
ミューズ、キレイキレイです。

ミューズには殺菌成分について「サリチル酸」配合と記載されています。
このサリチル酸、「ウオノメコロリ」なんかで使用される「角質軟化成分」です。つまり皮膚の成分を溶かして柔らかくするんです。

キレイキレイは「イソプロピルメチルフェノール
強い殺菌成分ではありませんが、もちろん、れっきとした消毒薬の一種です。

消毒がなぜダメかは、何度も紹介をしてきたとおりですm(__)m

何のために洗うのか?

(炎症期において)過剰な洗浄や消毒を行うと浸潤してきた細胞まで洗い流し,細胞自体を障害することになる.(中略・細胞増殖期において)壊死物質が付着すると細菌感染の温床となり,細胞外マトリックスの成熟が阻害される

創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―1 – 日本皮膚科学会 より

①傷の治りを良くするため

傷口に【不要組織】つまり汚れが残っていると、傷の治りが遅くなることが分かっています。

そのため、洗浄によって汚れを除去し、良い細胞が育ちやすい環境づくりをしてあげることが大切です(*^-^*)

※ただし、皮膚の状態にもよりますので、むやみやたらに洗浄をすればいいという訳でもありません。

②バイキンを増やさないため

バイキンは【不要組織】つまり汚れが大好きです。
不要組織はエサでありお家です。
汚れをためていると、バイキンにとって居心地の良い場所になってしまいます。

つまり=不要な老廃物を除去する

【不要組織】を除去することで、傷の治りを早めて、バイキンが居づらくする。それが目的です☆

つまり、殺菌成分でバイキンを殺す必要はなくて、単に「汚れを落とす」だけでOKなのです!
ちなみに、実は流水でもしっかり洗い流せます

コチラ、菌が入る=膿むは間違いのページで説明した通り、バイキンは少し居ても平気です。

殺す必要はなくて、増やさないようにするのが肝心なのです。
増やさないために「体の免疫力」を高めるには、健康な皮膚が必要です。

手指用など強い刺激の石鹸を使うと、皮膚の健康を損なう恐れがあります。
こればかりは人によって違うので大丈夫な人もいるし、低刺激の石鹸でもダメな人も居ます。
つまり、あえて強い刺激の薬用せっけんを「わざわざ」購入する必要は一切ないということなのです(*^-^*)

ファーストピアスの石鹸の選び方

では、石鹸は何を基準に選べばいいの

という疑問が出てきますが、実はその研究はあまり進んでいないようです。洗浄剤には多岐に及ぶ種類がありますからね・・・。

となると、答えは簡単で、「普段使ってるもの」でいいんです。今まで無事に使ってきているのですから、今はそれがイチバン肌に負担がないはずです。

ただし、「爽快cool!」的な石鹸を使っている人はやめてくださいね(^^;

低刺激・弱酸性のもの

今までの石鹸はちょっとなぁ・・・ということで、新しく選ぶ場合、低刺激で弱酸性のものが傷に適しています。

低刺激=洗顔やボディソープでよく見られます。
(※スクラブ入りとか、爽快なものは避けてくださいね)

逆にハンドソープは殺菌を目的にすることが多いので、刺激が強いことが多いです。

ちなみに肌は弱酸性を保っています。

しかし洗浄成分はたいていアルカリ性のため、弱酸性に戻るまでに時間がかかり、その間はバリア機能が低下すると言われています。

できれば弱酸性が望ましいのですが、やはり石鹸の性質上難しいことのなので、低刺激というのを第一に考えられたらいいと思います(*^-^*)

どうでしたでしょうか?

洗浄の意味について少しでも理解が深まればと思います。

意味を理解すれば、お耳を洗浄するときの触り方も、変わってくるかもしれません(*^-^*)

私の考えかた合ってた!という人は自信をもってケアしてあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました