ピアスホールが膿んだ時(化膿)の対処法

ピアスホールの膿の対処法ピアストラブル

今回は、ピアスホールが膿んだ時に、ファーストピアスでも対応できる正しいケアについてお伝えします(*^-^*)

まずは、膿とまぎらわしい体液について確認しましょう。

あわせて読みたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク

傷が化膿したときの症状とは

ピアスホールの膿(うみ・のう)は、傷口で「バイキン」が増えすぎた(=細菌感染を起こした)ときに発生します。

細菌感染の具体的な症状をみていきましょう。

膿(うみ・のう)が出る

膿は、体がもつ体液(リンパ液)に細菌や血液細胞の死骸や垢などが混ざったものです。

  • 緑~黄色がかって濁っている
  • ドロッ・ネチャっとしている
  • 臭い(こともある)
  • (血が混ざることもある)

症状が酷くなるほど、このような特徴が出てきます。

固まる膿は間違いかも

よくカピカピ固まる体液を膿と勘違いされることがあります(*_*;

  • サラサラ透明~黄色の液体
  • カピカピ樹液みたいに固まる液体
  • ちょっとだけ白く濁った体液

このような症状の場合は細菌感染による「」ではなく

  • 治りかけやカブレによる体液(浸出液
  • 金属アレルギーの反応による体液(俗にいうリンパ液

などの可能性も高いです。

膿以外の体液がたくさん出る場合は、また別のケアが必要になります。

心当たりのある方は、↓で「本当に膿か?」チェックしてみてください(>_<)

つぎに、膿と一緒によく現れる「感染」の症状について簡単におさらいです。

赤い(腫れる)

特に軟骨で多いですが、膿の原因である細菌感染により、赤くなる(腫れる)・患部を熱く感じることがあります。

痛みがでる

細菌感染で炎症を起こすと痛み物質が発生します。

また、膿が溜まって圧迫されると痛みを感じることも((+_+))

もちろん、痛くないけれど感染を起こしている場合もあるので注意が必要です(^^;

臭い

酷く膿んでいる傷は臭いこともあります。

しかし膿=絶対に臭いわけではないので、臭いが感じられなくとも、膿んでいる、感染している兆候があれば対策を取っていきましょう。

血が出る

血が出ることもありますが、焦らなくてOK。

血液が通っている=治そうと頑張っているんです(*^-^*)

膿(化膿)の対策

汚れを洗い流す(洗浄)

ピアスの化膿は汚れを落として対策

バイキンは汚れ(汗・老廃物・軟膏・消毒のカス…)を家・食事として増殖します。

その汚れを落としてあげることが、一番重要なケアです。

ピアスホールの時期に合わせた洗い方で、清潔に保ってあげてください。

膿は押し出さない

ピアスの膿、押し出してはいけない

よく、膿を押し出そうとする人が居ます。

溜まった膿が排出されるので一時的に良くなったと勘違いされますが、刺激を与えることはNG。

触ることで新たなバイキンを持ち込むことにもなります。

膿が溜まって仕方ない・・・という時は、一旦ピアスの太さを細くするのも◎

膿に消毒は必須ではない

基本的には消毒液の使用が皮膚にとって負担なのは変わりません。

デメリットを差し置いても消毒をして細菌数を減らしたいときもありますが、必須ではありません。

洗浄を優先してください(*^-^*)

オススメの消毒液は?

できれば病院に相談して頂きたいのですが、傷口に使用するとすれば「アルコール」ではなく「マキロン」などの優しい消毒液を使用しましょう。

ピアスジェルはネバネバして汚れを集める原因にもなるので、個人的にはオススメしません。

※アルコールは傷口に使用できません。
詳しくはコチラ

膿に抗生物質を使うこともある

感染を薬で治すときには、ゲンタシン・ドルマイシン・テラマイシン…のような抗生物質というお薬が使われます。

ドルマイコーチ・テラコートリル・リンデロン等は別ものです、こちらを参考にしてください((+_+))

塗り薬は市販でも売っていて使いやすいのですが、その反面、恐怖のAMRというデメリットも・・・

リスクを下げるために、必ず用法・容量を守ってくださいね!

軟膏は浅い感染の場合に有効

ピアスの軸に軟膏を付けて中に滑らせる

抗生物質の軟膏は、汚れを除去した浅い感染には有効と考えられています。

入浴やホットソークでホールをきれいにした後、ピアスの軸に薬をぬって、軸を滑らせて内部まで行きわたらせましょう。

もちろん、傷を刺激しないようにゆっくり行い、1日1回は軟膏や汚れを落とすために患部を丁寧に洗浄してあげてくださいね(*^-^*)

軟膏は深い感染(膿瘍)には届かない

中で感染が広がると軸に薬をぬっても届かない

ピアスホールの周囲ではなく、少し離れた部位に汚れや細菌が溜まってしまうケース(膿瘍)もあります。

この場合、軸に薬をぬっても細菌のいる場所まで薬は届かないので効果が期待できません・・・

血液細胞が自己治癒力でバイキンをやっつけるのを信じるか、信頼できるお医者さんへ行ってしっかり診断・必要な処方をしてもらいましょう。

粉瘤腫は病院へ

粉瘤になると、薬も免疫機能も働かない

粉瘤腫と言って、体の中でバイキンや汚れがバリケードを作った中に籠城してしまうケースがあります。

特にピアスホールでは、人工的に粉瘤腫を作ってしまうケースもありますので、注意が必要です。

この場合は軸に薬をぬっても届かないどころか、血液細胞も患部に到達できないのでいつまでたっても良くなりません((+_+))

対策しているのに治らないなぁ・・・という方は、
信頼できるお医者さんへ行って、きちんとした処置を行ってもらいましょう。

化膿したら病院に行くべき?

今見てきたように、自宅でも、化膿(膿み)のケアをして治すことは可能です。

一方、自分で正しい治し方が判断できない場合、粉瘤腫など自宅でのケアが困難な場合には、病院に行ってきちり治療をしてもらう必要があります。

  • 一向に良くならない
  • ケアしても悪化する
  • 感染が患部以上に拡大している

という場合には、信頼できるお医者さんを受診してくださいね(*^-^*)

ピアスを塞ぎたくない

膿んだ・感染を起こしたからといって、ピアスを塞ぐ必要は一切ありません

ピアスを抜けば刺激が無くなるので良くなることは多いですが、ピアスを着けたまま治療することも可能です。

もちろん、適切なピアスを着けている必要はありますが、膿んだ!とあきらめてすぐにピアスを抜かないように、じっくり考えてくださいね(‘_’)

まとめ

バイキンが住みやすい環境、住みにくい環境

実は膿む原因=バイキンは、単に患部に居るだけでは悪さをしないのです。

患部でどんどん増えて行って、体に悪影響を与えるまで放置してしまうことがNG

バイキンには住みやすい環境と住みにくい環境があるので、ピアスホールをバイキンが住みにくい環境にしてあげることが大切な対策になります(*^-^*)

住みにくい環境

  • 汚れが無い
  • 傷が無い/皮膚が荒れていない
    (皮膚のバリア機能を保つ)
  • 血液細胞が元気

住みやすい環境

  • 汚れが多い
  • 過剰な湿り気がある
  • 良い菌が少ない
  • 血液細胞の元気がない
バイキンが住みにくい環境を作るためには
  1. 毎日の適切な洗浄
  2. 不潔な手で触らない
  3. 負担(触りすぎや付け外し)を最小限にする
ことが大切です(*^-^*)

↑こちらのページでも、具体的にどうすればバイキンが嫌な環境になるのか解説しています♪

タイトルとURLをコピーしました