ピアス肉芽の原因

ピアスの肉芽はなぜできる?ピアストラブル

軟骨ピアスではつきものと言ってもいい肉芽トラブル・・・

状態やピアスの着け方・開け方を間違えると、耳たぶやへそ、手などどこでも発生してしまいます。

今回は、肉芽が出来にくくなるにはどうしたらいいのか?

肉芽はどうやって対策すればいいのか?について考えるヒントとなる

肉芽の原因や特徴

についてお伝えします(*^-^*)

※イメージ画像に関しては、典型的な例を元にイラストにしています。実際の症例とは異なる場合があることをご了承下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

肉芽腫とは

穴の周囲や横のデキモノ

肉芽腫とは、慢性的な炎症に基づいて生じる腫瘤です。 (中略)
異物および、肉芽腫の摘出が原則です。

異物肉芽腫 – 日本形成外科学会

簡単に言えば、肉芽とは、ピアスや細菌などで炎症が長引いた際、異物をお肉で遮ってしまおうという体の防御反応のひとつ。

ピアスの場合は、本来「肉芽」ではない瘢痕やケロイドも「肉芽」と呼ばれることがありますが、基本的な対策としては同じでいいのでこのページではすべて「ピアス肉芽」として解説していきます。

ちなみに読み方は医療職者は「にくげ」と呼びますが、一般的には「にくが」と呼ばれます。不思議。

なぜ軟骨ピアスで出来やすいの?

耳たぶは皮膚の下に皮下組織しか存在せず、柔らかくて血流が豊富で治療も早いです。

しかし、軟骨では、「やわらかい骨」と言えども柔軟性が少なく、血流がなく、治療に時間がかかる部分を通過してピアッシングを行います。

負担がかかりやすく、治癒にも時間がかかる・・・つまり炎症や異物反応が長く続くため、肉芽やトラブルが発生しやすいコンディションなのです((+_+))

逆に言えば、コンディションが悪ければ軟骨以外でも肉芽は発生してしまいます。

他の「デキモノ」との見分け方

しこりとの違い

「しこり」との大きな違いは、デキモノが表面に見えているかどうかです。

と、言っても、症状に対して行う基本的な対処は同じなので、明確な違いの区別は必要ありません。

しこりには粉瘤腫や膿瘍など、中で感染物が溜まっていることもあるので、症状が長引く場合は皮膚科や形成外科を受診しましょう。

腫れ・潰瘍との違い

ピアス肉芽-腫れ・潰瘍の典型画像

腫れはデキモノではなく、単に赤く腫れぼったいだけ。

原因はピアスの刺激や傷、金属や消毒によるかぶれ、バイキンの感染など色々です。

放置していると、それこそ肉芽の原因となるので、きちんと対策する必要があります。

膿瘍との違い

ピアス肉芽-膿瘍の典型画像

表面にぷくっと見えて肉芽と勘違いしやすいものに「膿瘍(のうよう)」があります。

膿の溜まった袋のことで、黄色く膿が見えていることが多いです。

基本的には肉芽と同じ対策で構わないので、大きな判断の違いは必要ありません(*^-^*)

痛みの有無

通常肉芽は痛みは無いですが、傷や炎症があるときに、その痛みを感じることがあります。

大きくなっていくものは「痛くないから大丈夫」と放置しないように注意しましょう。

肉芽の原因と種類

ピアスホールにできる「肉芽」は

  • 異物性肉芽腫
  • 血管拡張性肉芽腫

があり、厳密には肉芽ではないけれど「ピアス肉芽」と言われるものとして

  • 様子を見て問題ない成熟瘢痕
  • 要注意の肥厚性瘢痕
  • 早く病院に行くべきケロイド

がありますので、それぞれの原因と特徴、対策や治療法を簡単にお伝えします(*^-^*)

※穴の横に見えていることもあれば、見えない場所でしこりとなっていることもあります。

異物肉芽腫

ピアス肉芽-異物性肉芽腫の典型画像

異物肉芽腫とは体内に長時間分解されずに存在する異物が慢性炎症の原因となり、肉芽腫を生じたもので、異物には外傷に由来する砂や石、木片など、また外科手術に由来する種々の生体内埋入材料によるもの、そして美容外科手術で充填目的に使われる異物による場合などが考えられます。
(中略)異物および、肉芽腫の摘出が原則です。

http://www.jsprs.or.jp/member/disease/nevus/nevus_19.html より抜粋

難しい言葉が並びますが、簡単に言えば体が異物(ピアス)に反応しすぎて、自分の細胞を壁にして防御しようという反応のことです。

一般的に、炎症が強く起きている時は赤く痒みや痛みがあり、それ以外のときも腫れぼったくデキモノができたようになります。

ピアスで考えられる原因
  • ピアスホールでの感染が長引いている
  • 消毒液などで刺激が続いている
特徴
  • 腫れを伴う
  • 赤っぽくやわらかい
  • ジュクジュクした汁があるかも
治療
  • ピアスを抜いてしまうか負担を軽くする
  • 外科的に切除する
  • 炎症を抑えるお薬を使う
詳しくは肉芽のページで解説していますm(__)m

肉芽をほっとくとどうなるのか?

異物肉芽腫と癌の発生に関しては明確な因果関係は証明されていませんが、異物肉芽腫が長期間存在し、潰瘍化を繰り返す場合は、癌発生を促す可能性も否定できないため、できるだけ早期の異物摘出が望まれます。

http://www.jsprs.or.jp/member/disease/nevus/nevus_19.html より抜粋

つまり、絶対になるかはわからないけれど、癌になる可能性もゼロじゃないので、できるだけ早くに解消しましょうということです。

肉芽に限らず、ピアスのトラブルが続いたり悪化していく場合には、きちんと専門医の判断を仰いでくださいね(>_<)

血管拡張性肉芽腫

ピアス肉芽-血管肉芽腫の典型画像

体に急にできてくる赤い皮膚の腫瘍で、よく血管のかたまりなどといわれることもあります。
あまり大きくはなりません。直径は5mm~2cmくらいで、色は赤色か暗赤色で、柔らかくて盛り上がっています。基部がくびれていることもあります。
原因としては、細かいキズや感染が引き金となって毛細血管が反応して拡張してきたものです。
血管拡張性肉芽腫であれば、自然に治ることはほとんどないので、何らかの治療が必要になります。

http://www.medical-h.net/column/?p=6553 より抜粋

つまり、傷やバイキンなどのきっかけで血管が異常に増えた塊となってしまうものです。

一見血豆のような感じですが、血が溜まった袋とは違って中は毛細血管の塊のようなものなので、潰しても潰しきれない特徴があります。

ピアスで考えられる原因
  • ピアスをあけただけで出来てしまうことがある
特徴
  • 真っ赤な血豆のような見た目
  • くびれがあることもある
治療

大きなものは切って取ることになります。ごく小さいものであれば液体窒素で患部を凍らせて壊死させ、新たな皮膚が下から再生してきて押し上げることにより、患部をカサブタ状にして治すこともありますが、数回の治療が必要になることもありますので、専門の医師にご相談ください。

http://www.medical-h.net/column/?p=6553 より抜粋

病院での治療が基本になります。

  • 外科的に切除する
  • 液体窒素などで焼く

「液体窒素で焼いてカサブタにしてしまう」という点、クエン酸療法に似ていますよね。

実際、ネットのブログなどでクエン酸療法の写真を見ると、きっとこのタイプの肉芽だろうなぁと思えるものが多々あります。

しかし、別のタイプの肉芽やケロイドなどだった場合は悪化していく原因になり、血管性肉芽腫の場合もきちんと最後まで処置ができなければ再発・悪化の原因になります。

悪化を防ぐために、クエン酸療法などの侵襲的(傷を負わせるような)治療は、必ず専門医と一緒に行ってくださいね。

成熟瘢痕(ただの傷あと)

ピアス肉芽-成熟瘢痕の典型画像

瘢痕(はんこん、英: scar)とは、潰瘍、創傷、梗塞による壊死などによって生じた、様々な器官の組織欠損が、肉芽組織の形成を経て、最終的に緻密な膠原線維や結合組織に置き換わる事で修復された状態。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%98%A2%E7%97%95 より抜粋

瘢痕って何?という事ですが、簡単に言えば「傷跡」のことです。

最初の数ヶ月間は傷痕も赤く、かゆみや痛みなどの症状があります。やがて半年から1年ほど経つと自然に成熟瘢痕となり、赤みもとれ白い平らな傷痕になります。


http://www.jsprs.or.jp/member/disease/scar/scar_01.html 
より抜粋
ピアスで考えられる原因
  • ただの傷跡なので、ピアスをあけるだけで出来ます
  • 目立つかどうか、が体質によって色々です
特徴
  • 穴の周りを囲うようなミミズ腫れができたように見えます
  • 赤色~褐色・肌色など様々な色をします
唯一、ほっといてOKな肉芽
  • 時間をかけた自然治癒が基本
  • 自然にできるものなので大きくならなければ問題ない
よくこのタイプのピアス肉芽を、「肉芽だ!」とクエン酸療法してしまう人が居ます。自然に消えるものなので、無駄に刺激しなくていいんです。
何もなければまだいいですが、潰瘍など別のトラブルを起こしてしまう危険性があります。

肥厚性瘢痕

ピアス肉芽-肥厚性瘢痕の典型画像

肥厚性瘢痕とは・・・何らかの異常で傷の治りが遅くなると、皮膚を作る線維細胞が過剰に産生され、その線維の増生で傷が赤くなり盛り上がります。肥厚性瘢痕の場合は傷を越えて病変が広がることはありません。時にきのこ状に増大することはあります。肥厚性瘢痕はケロイドと違い経過とともに色調は退色し、盛り上がりも徐々に平らになり、柔らかい傷となります。治療も効果が期待され、適切な治療を行うことで治る可能性があります。

https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/keisei/about/disease/keloid.html より抜粋

肥厚性瘢痕とは、何かの原因によって治癒に時間がかかってしまった場合などに、先程の「問題ない瘢痕」と同じような組織が異常に増殖してしまう状態です。

ピアスで考えられる原因

ピアス:肉芽、重さでできるタイプ

  • ナナメに刺さってるピアス
  • 重たいピアス
  • 曲がったピアス
  • 片方だけに力がかかることが多い場所(寝相なども)
特徴
  • 引っ張られる方向に盛り上がることが多い
  • 炎症が起きているときは赤みがかり、だんだん肌の色に近くなる
  • 傷の大きさを超えて健康な皮膚へ広がっていかない
治療
  • ピアスの負担を軽減させる・ピアスを除去する
  • お薬の使用や外科的な処置

体質もありますが、引っ張る力をかけない(=重いピアスやCBRなどは使わない)こと、着脱の刺激を最小限にすることが予防の1つにはなると考えられています。

詳しくは肉芽のページで解説していますm(__)m

ケロイド

ピアス肉芽-ケロイドの典型画像

「ケロイド」は赤褐色に盛り上がった硬い腫瘤で、激しいかゆみや、痛みを伴うことが多く、腫瘤の形が複雑で表面の凹凸が強いものでは、深部で感染(化膿)を起こし、排膿(うみが出ること)を繰り返す場合もあります。またもとのキズ跡よりはみ出して広がることが多いと言われ、自然に治ることはまれであり、軽快後も再発することがあります。

http://www.med.nihon-u.ac.jp/department/prs/05ts07.htm より抜粋

傷などをきっかけに、組織が健康な皮膚にまで侵食して異常増殖する、肥厚性瘢痕がもっともっと、やっかいになったような存在です。

体質が大きく関連していると考えられ、普段から傷が膨らんでくる人は要注意です。

特徴
  • モリモリと大きくなる赤っぽい組織
  • いびつな形のものが多い
  • 傷の大きさをはるかに超えて大きく広がる
治療

自然治癒は困難。
とにかく病院へ行ってください・・・

  • 薬物療法
  • 外科的な治療
  • 圧迫療法やテーピング

などが使用されます。

黒っぽい肉芽

炎症が続くと、皮膚は色素沈着で汚い黒っぽいものになります。

長期間かきむしりすぎてしまった傷が黒くなるのと同じです。

色素沈着は治るのに時間がかかりますが、じっと腰を据えて待ちましょう。

とにかく、炎症を起こさず安静をキープできることが大切です。

クエン酸療法でも黒くなっちゃいますが、これは壊死組織や痂疲(かひ:カサブタ)です。

カサブタの黒さは剥がれたら解決するはずです(^^)/

もちろん、上記を併発することもあります。

まとめ:肉芽ができないピアッシングは

ピアス肉芽には色々な種類がありますが、全てに共通して言えることとして

  • 患部に対してまっすぐにピアッシングをする
  • 皮膚の片方に負担がかからないようにする
  • ふさわしい形・重さのピアスを装着する
  • 刺激を最小限にして、患部を清潔に保つ

ということが大切です(*^-^*)

これらは感染(化膿)や腫れの予防にもなりますので、必ず行ってください。

これからピアスをあけようとする人は、ぜひ参考にしてスムーズなピアスライフをお過ごしください。

できてしまった肉芽にはこちらのページも参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました