ピアス肉芽の原因

ピアスの肉芽はなぜできる?ピアストラブル

軟骨ピアスではつきものと言ってもいい肉芽トラブル・・・

状態やピアスの着け方・開け方を間違えると、耳たぶやへそ、手などどこでも発生してしまいます。

今回は、肉芽が出来にくくなるにはどうしたらいいのか?

肉芽はどうやって対策すればいいのか?について考えるヒントとなる

肉芽の原因や特徴

についてお伝えします(*^-^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

肉芽腫とは

穴の周囲や横のデキモノ

肉芽腫とは、慢性的な炎症に基づいて生じる腫瘤です。 (中略)
異物および、肉芽腫の摘出が原則です。

異物肉芽腫 – 日本形成外科学会

簡単に言えば、肉芽とは、ピアスや細菌などで炎症が長引いた際、異物をお肉で遮ってしまおうという体の防御反応のひとつ。

ピアスの場合は、肥厚性瘢痕も「肉芽」と呼ばれることがありますが、対策としては同じでいいのでこのページでは細かい違いはおいておきます。

​ちなみに、呼び方は「にくが」というのが一般的ですが、実は医学界では「にくげ」と呼びます。(どうでもいいですか(^◇^))

なぜ軟骨ピアスで出来やすいの?

耳たぶは皮膚の下に皮下組織しか存在せず、柔らかくて血流が豊富で治療も早いです。

しかし、軟骨では、「やわらかい骨」と言えども柔軟性が少なく、血流がなく、治療に時間がかかる部分を通過してピアッシングを行います。

負担がかかりやすく、治癒にも時間がかかる・・・

肉芽やトラブルが発生しやすいコンディションなのです((+_+))

他の「デキモノ」との見分け方

しこりとの違い

「しこり」との違いは、デキモノが表面に見えているかどうかです。

と、言っても、症状に対して行う基本的な対処は同じなので、明確な違いの区別は必要ありません。

瘢痕・ケロイド・腫れとの違い

問題なのは、ケロイドや酷い瘢痕、感染による腫れなどとの区別です。

腫れはデキモノではなく、単に赤く腫れぼったいだけ。(腫れの対応はこちら

実は、ケロイドや瘢痕の区別は専門ではないとDrでも難しいものです。

私もDrに間違えられたことが何度もあります。

肉芽が多くの場合原因を除去すれば自然に縮小していくのに対して、瘢痕縮小しないか、ゆっくりです、ケロイド「傷」をきっかけとして、どんどん大きくなるので、病院での適切な治療が必要です。

ケロイドや瘢痕との違いは、デキモノの形やいびつさ、大きくなり方です。
詳しくはこちらで説明しています

肉芽自体は痛みが無い

通常肉芽は痛みは無いです。

ただ、肉芽と一緒に傷や炎症があるときは、そちらの痛みを感じることがあります。

肉芽の原因と種類

ピアスに見られる悪い肉芽は

  • 異物(ピアスの圧迫や引力)によっておこる肉芽
  • 感染(バイキンの過度な増殖)によっておこる肉芽

にザックリと分類することができます。

ピアスが原因の肉芽

  • ナナメに刺さってるピアス
  • 重たいピアス
  • 曲がったピアス
  • 片方だけに力がかかることが多い場所(寝相なども)

では、片方に偏った硬い肉芽がよく現れます。

  • 肌色でぷっくりしている
  • 引っ張られる方向に盛り上がる

という特徴があります。

厳密にいえば肥厚性瘢痕がこのようなタイプのピアス肉芽だといわれています。
呼び方は違えど、対策は同じです。

重いピアスの肉芽は引っ張られる方向にできる

バイキンなどが原因の肉芽

  • ピアスホールでの感染が長引いている
  • 消毒液などで刺激が続いている

といったことが原因のピアス肉芽は

  • 腫れを伴う
  • 真っ赤でやわらかい
  • ジュクジュクした汁があるかも

という特徴のものが多いです。

炎症によるピアス肉芽は赤く、腫れがありジュクジュクしていることも

黒っぽい肉芽

刺激しすぎていたり、バイキンや負担を放置しすぎると肉芽は色素沈着で汚い黒っぽいものになります。
瘢痕も黒っぽいです)
クエン酸療法でも黒くなっちゃいますが、これは壊死組織や痂疲(かひ:カサブタ)です。

もちろん、上記を併発することもあります。

ちなみに、真っ赤な肉芽ほど、血管が豊富ですから早く治る傾向にあります。

問題ない肉芽

傷ができるときには必ず「良い肉芽」が発生します。

未熟なピアスホールの中に見える赤い組織は多くの場合、この「いい肉芽」でしょう(*^-^*)

また、ピアスホールの中は皮膚ができますが、軟骨ピアスの場合は軟骨の穴に入りきらずピアスに押されて周囲にモリっと出てくることがあります(^^;

それがちょこんとドーナツ型に穴の周囲に見えているぶんには問題ナシ。
そのまま優しく過ごしましょう。

肉芽ができないピアッシングは

  • 患部に対してまっすぐにピアッシングをする
  • 皮膚の片方に負担がかからないようにする
  • ふさわしい形・重さのピアスを装着する
  • 刺激を最小限にして、患部を清潔に保つ

ということが大切です(*^-^*)

できてしまった肉芽にはこちらのページも参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました