突然の【金属アレルギー?】治療と予防・オススメピアス|看護師が考える | ピアスケアの理由

金属アレルギー

ピアス:金属アレルギー ピアストラブル

私は金属アレルギー持ってないんで・・・」という人もちょっと待って!

アレルギーは蓄積して発症します。

​アレルギーになっちゃった人も、まだなっていない人も、対策は必要なんです。
【確実にアレルギーにならない素材】以外は、ピアスを変更して2~3日様子を見てみる。

意外と知られていないですが、18金だってアレルギーになりますよ(>_<)

理由について順番に説明していきます

スポンサーリンク

​金属アレルギーの症状

ある日突然発症する

汗や体液に金属イオンが溶け出し、体内のタンパク質と結びつき、アレルギー物質が生まれることで症状を引き起こします。

  • 穴の周囲が赤い
  • かゆい
  • 浸出液が出る

と言った特徴がありますが、初期症状ではすべての症状が出ないことも。

​場所によって発症する

弱い皮膚ほど起きやすいため、すべてのホールで同時に起きないこともあります。

時計やネックレスは大丈夫で、ピアスはだめということも。

なのでパッチテストはピアスの場合あまり有効ではありません

​症状は金属の種類による

特定の金属に反応しますので、1種類アウトになったから金属全てNGということはありません

金属の種類は色々。
「金色」でも、金だったり、金色のメッキだったり。
「ステンレス」も、ランクが色々。

イオン化傾向の大きい金属(=錆びやすい金属)が原因物質となりやすいです。
(※チタン・ステンレスは特殊な被膜が作られているので、イオン化傾向が大きいですが、錆びにくくなっています)

参考 イオン化傾向について

​代表的なアレルギー物質

  • ニッケル
  • コバルト
  • クロム
  • パラジウム
  • クロム
  • すず
  • 水銀

・・・その他、人によって様々。

ニッケルフリー」だけでは安心できないんですね…(´・ω・`)

​「純○○」という金属以外では、メインの金属に、これらの金属が合わさって(合金)います。

​代表的な合金

  • シルバー925
    10%近くは別の金属
  • 18金
    4分の3は別の金属
  • ステンレス
    合金が溶け出にくい特別加工の鉄
    (溶け出しにくさや強度などで、ランクが色々。)​
注意
※ 18金は純金ではありません・・・他の金属が3分の1。アレルギー発症のリスク有り。
※「純チタンポスト」などの記載に注意。ポスト以外は合金だったり。
※「チタン製」などの記載に注意。純チタンではくチタン合金だったり。
※「純○○」でも厳密には100%ではないことも。(法律で決まっています)
※ メッキ(着色)の場合はメッキにアレルギー物質が含まれることも。(IP、PVDと呼ばれる焼き付け着色は別です)
※「サージカルステンレス」という記載に注意。体内埋め込みに適しない、周辺器具で使われるような304などもサージカルとして記載されています。現状では316L以上の記載が望ましいと思います。

金属アレルギーかも?と思ったら

ピアスを外す or 替える

この症状を疑うときは、金属の変更か病院での検査をおすすめ致します。

金属アレルギーの場合、原因を取り除くと2~3日で症状が改善します。
酷い場合は一時的にステロイド外用薬を使用することも。

予防として日ごろからアレルギー対策のされたピアスを装着することも大切です。

ピアス本体はアレルギー対策がされていても、キャッチがメッキだった!というパターンもあるので要注意です・・・

素材の選び方

金属イオンが溶け出しにくい構造の金属、もしくは金属じゃないものを選ぶことが予防になります。

●代表的な安全素材

  • 純チタン・医療用チタン(Ti6AL4V等)
  • サージカルステンレスの316L(もしくは316LV等)
  • セラミック(陶器)
  • アクリル樹脂(安定したホール向け)

​・・・他にも

  • 純金
  • 純プラチナ
  • 純銀
  • ガラス
  • テフロン・シリコンなどの樹脂
    透明素材まとめ

がありますが、とても種類がすくないです​。

【しっかり読んでほしい商品の素材説明

  1. 「純チタンポスト」など「ポスト」限定の表記
    →ポスト以外は合金かもしれないのでNG
  2. 「チタン製」など「純」「生体適合」の記載がない
    →純チタンではくチタン合金かもしれないのでNG。
  3. メッキ(着色)かどうか?
    →メッキにアレルギー物質が含まれることも。
    (下で説明するIP、PVD着色は基本的にOK)
  4. 「サージカルステンレス」という記載に注意。
    →「316」の記載があれば安心。
  5. 飾りやつなぎ目、キャッチも安全か?
    →ピアス全体がその金属である記載があるかどうか確認★

​1.純チタン・Ti6AL4V

純チタンやサージカルチタンと言われるものです。

加工がしにくいので値段は少ししますが、アレルギー対策としても、清潔さでもイチバンかと思います。

他の金属よりかな~り軽い(ステンレスの半分!)点でも優れもの♪

純チタンはほぼ100%が純粋なチタンで出来ている金属。

Ti6AL4Vは医療用チタン・サージカルチタンと呼ばれ、骨折などの補強で体内に埋め込まれるようなネジにも使われる、現在使われている合金で最高にアレルギーになりにくい素材。

2.サージカルステンレス316L 

こちらも医療用で使われることも多い、体内埋め込みレベルの金属。

発症例はかなり少ないとはいえ、チタンにはわずかに劣るようです。

でも、種類が豊富なので有力な選択肢の一つです(^^♪

比較的安いわりに、かなり腐食に強く、強い薬品などにも耐えるので海水浴やプールも安心

3.セラミック

​セラミックはお茶碗などに使われる陶器の仲間。
かなり強く作られていますが、やっぱり割れちゃうことも。

ただ、金属は不使用なので、とっても安心。
そしてツルツル

4.樹脂

プラスチックの仲間たちで、金属ではないので安心♪

ただし、劣化が早いものもあるので、安定したホールにどうぞ。

ちなみに抗菌仕様の場合は金属が含まれることもあるので注意。

​色が着いた金属はダメなの?

きちんとアレルギーに対処したいけど、ゴールドやブラック、ピンク…可愛い色も着けたい!!

そんな時に頼りになるのがPVDコーティング(イオンプレーティング)

(金属の化学反応で色を出して、それ自体が腐食を防ぐ「バリア」となっているので、チタンと同様かなりアレルギーを起こしにくいのです)

​私は普段使いのピアスはず~~~っとこの系統です。ぜひ可愛いものを探してください♪

今のピアスを使いたい

アイテムを上手に使う

金属アレルギーは、「金属イオン」と呼ばれる物質が肌に侵入しなければ症状が出ません(^^)
アイテムを上手に使って、肌にアレルギー物質が侵入しないように工夫することで、今のピアスも使い続けることができます♪

​1.シリコンパッド

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピアス 金属アレルギーポストピアス用シリコンパッド
価格:432円(税込、送料別) (2019/8/9時点)

軸は大丈夫な素材だけど、飾りでアレルギーが(><)

​というケースで気軽に使えるのが、飾りと耳の間に円盤みたいなものを挟む、シリコンパッド。
色々なピアスに使いまわせるので、経済的ですね♪

2.ピアスコート

肌に触れる場所にマニキュアのようなコーティングを塗る対策。

ただし、剥がれないうちに上塗りするのがコツ。

​見た目が変わらない唯一の方法♪

​3.軸の付け替え

フックピアス等の場合、軸を付け替えてしまうとイチバン楽で安心(^^)/

マルカン(輪っかのようなつなぎ目)の場合はねじって開いて、押さえるように戻すと素人でも簡単。

4.​ピアスカバー

まっすぐ軸のピアスにすっぽりかぶせる、ピアスカバー。

軸の太さと長さに制限がありますが、ピアスコートと違って剥がれないので安心。

タイトルとURLをコピーしました