【ピアスのしこり】肉芽以外の「デキモノ」を知ろう|看護師が考える | ピアスケアの理由

デキモノ(しこり&ケロイド…肉芽との違い)

ピアス:肉芽、ケロイド ピアストラブル

デキモノには種類があります。

むやみに「クエン酸」を塗ると、悪化を招くことも。

ホットソークは害ではないですがもちろん解決にはなりません
あくまで「治癒を助ける」ために「循環を良くしてあげる」だけ。

順番に解説していますので、症状に合わせた適切な対策をとってくださいねm(__)m

「肉芽」に関してはこちらのページに特設しています_(._.)_

もちろん、自分での判断ができない場合、治らない場合はお医者さんへ。

スポンサーリンク

しこり

肉芽との違い

しこりと肉芽は、実は似たような存在です。

どちらも「何かしらの負担」で細胞が異常に増殖した状態。

一般的に「しこり」はパッとは見えないけれど触ったら分かる塊のことを

肉芽」はピアスホールの周りにできたデキモノを指します。後で説明するケロイド瘢痕と勘違いされることも多いです。

ただ、しこりで大切な情報は、問題のないものがほとんどだという事

問題ないもの

ピアスホールは、何もなかった「お肉」の中に皮膚ができるので、その皮膚は少なくとも「しこり」と感じます。

よく「しこり」で相談される内容のホトンドがコレ。

症状は特になく、ただコリコリとシコリがあるだけ。

肉芽や他のデキモノとの違いは、他のトラブルがなく、どんどん大きくなっていかないというところです。

なので特に対策しなくていいんですね(^^;

問題は、ピアスホールを閉じる時

ピアスをあけてすぐ閉じた場合や、皮膚が出来てからでも体が皮膚を分解できた場合は消えることがあるけれど、消えない場合も多いです。

除去したいときは、皮膚科や形成外科に相談をします。

★よくある質問★
Q.しこりの上からピアスをあけてOK?
A.基本的にNG。しこりの存在によって穴が曲がってしまったり、貫通しなかったりする原因になります。しこりの種類によっては、感染(バイキンで膿んでしまう)を起こす原因に…。

腫れ・内出血

耳の中で腫れや内出血を起こしていても、しこりと感じることも。
刺激を与えたときに突然できたシコリに関しては、少し様子を見てもいいかも。

ただし、バイキンが入って感染している場合はまた別です。
コチラ(:トラブルページ)に戻って、他の症状と照らし合わせて解決を。

​【対策】

  • 安静と清潔を守る。
  • ホットソークで循環を良くする。
腫れや内出血を予防できるピアスホールのケア方法は?
コチラの「ケアの基本」を参考に

膿瘍

膿のかたまりが、ピアスホール内や脇道に潜んでいる状態。
横から膿が出てきている場合が多いです。赤くなったり痒くなったりすることも…。

膿と体液の違いや、対策はコチラ:体液(膿・浸出液・出血)から。

肉芽との明らかな違いは、穴の内側や横の見えない所に膿が「もぐりこんでいる」点です。

肉芽と併発することもあります。

​【対策】

  • 洗浄をしっかり、感染対策をする。
  • ホットソークで循環を良くする。
  • よく食べて良く寝る。
  • 場合によっては細いピアスに変える

​脇道を作ってしまった場合は洗浄をきっちりできない、塗り薬では効果が届かないので、自分の免疫に頼るのみ。

自宅での対応は難しいです。

皮膚科などで飲み薬などのお薬を貰ったり、酷い場合膿の袋の中を直接洗浄(細い注射針などで刺すことも)するなどして対応されるのがほとんどとなります。

ついついやっちゃうんですが、膿は押し出そうとしないでくださいね(^^;
悪化の原因となります。

粉瘤腫

膿や古い皮膚のかたまりで、膿瘍のパワーアップ版​

「芯」のように皮膚の塊があることが通常で、皮膚で袋のようなものを作ってしまっているので膿を出しても解決できない。
膿を出すとしこりが小さくなり、解決したかのように勘違いしますが、実は全体をくり抜かないと何度でも再発してしまいます。

膿瘍のように、穴の内側や横の見えない所に膿が「もぐりこんでいる」点が肉芽との違いです。

​【対策】

  • ★皮膚科に相談
  • 応急処置は膿瘍と同じ

瘢痕

ミミズバレのように盛り上がる

キズができてからしばらくの間、キズが赤くみみずばれのように盛り上がることを「肥厚性瘢痕」といいます。深いキズは肥厚性瘢痕となることが多いですし、キズが引っ張られる場所にできると、ほとんどが肥厚性瘢痕となります。

日本創傷外科学会より一部省略して引用
ピアスの瘢痕

ピアスの場合穴の周りを囲うようにミミズ腫れができる。

体質もあります。 なので気を付けていてもできてしまう。
ただ、引っ張る力をかけない=重いピアスやCBRなどは使わない)こと、着脱の刺激を最小限にすることが予防の1つにはなると考えられています。

時間をかけた自然治癒が基本、あまりにひどい場合は病院で処置。

肉芽との違い

肉芽は炎症や刺激が続いたことで、ピアスや感染を追い出すように組織が次々増殖していくものです。

一方瘢痕は、単なる「傷跡」です。

見た目以外の症状は出ず、大きさも一定で止まります。

ケロイド

デキモノがどんどんモリモリ大きくなる

肥厚性瘢痕よりも炎症が強いものを「ケロイド」といいます。ケロイドの発症には「ケロイド体質」の関与が大きく、遺伝することもあります。最近では、しっかり早期から治療すれば、完治できるようになりました。ケロイドで悩まれている患者さんはお近くの形成外科に相談してみてください。

日本創傷外科学会より一部省略して引用
ピアスのケロイド

傷などをきっかけに、組織が異常増殖する。

処置としては、お薬のほか、注射や手術などで物理的に除去することが多いです。

自然治癒は困難。
とにかく病院へ行ってください・・・

肉芽との違い

肉芽は何かの負担や刺激が続いた事に対して体が一生懸命反応している状態ですが、ケロイドは「怪我」というきっかけでスイッチが入ったように、どう対処してもどんどん大きくなっていくのがケロイドです。

違いはDrでも判別が難しいのですが、いびつで突っ張ったようなデキモノがモリモリと大きくなっていくのがケロイドの特徴です。

潰瘍

穴の周りだけ赤く肉が見える

ピアスの潰瘍

酷い「ただれ」の状態です。

ピアスのキャッチをきつく締めていたり、間違った民間療法(オキシドールや、クエン酸療法など)で刺激を与えてしまったケースがかなり多いです。

基本的には安静と清潔(流水洗浄)がいちばんです。

ピアスの選び方が間違っている場合は↓を参考に、適切なピアスを選んでください(*^-^*)

​症状が酷い場合は軟膏を使うことも考えられますので、皮膚科でぜひ相談してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました