ガラスリテーナー4社を比較

ガラスリテーナー比較(横から全体2)ピアスの隠し方

透明なのにファーストピアスにも使えるため、人気が名高いガラスリテーナー。

だけど、高いから買うのに躊躇しちゃいますよね(>_<)

ガラスリテーナーってどこで買うのがオススメですか?

というご質問にお答えして、4社のガラスリテーナーを購入して比較してみました(^▽^)/

実はボディピアス専門店 凛さんとボディピアス専門店 スリーナインさんは少し前から販売を始められており、今回初めて購入しました。

私は以前より販売されているボディピアス専門店JEWEL’sさんと、セレクトショップルチアさんを数回リピートしています(*^-^*)

※ガラスは精密に作成することが困難なため、個体差があることはご了承ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どこで買うのがオススメ?

後ほど詳しくご紹介しますが、ボディピアス専門店JEWEL’sさんは軸がしっかりしているのと、セット販売で割安に購入できるので気に入って何度も購入しています♪

セレクトショップルチアさんは値段としては一番割高となるのですが、ヘッドが薄く小さいため「できるだけ隠したい」という時に使っています♪

値段やサイズ展開の一覧表

販売店商品画像(リンク)価格(2019.11.14)サイズ展開全長コメント
ボディピアス専門店JEWEL’s1,100円 送料無料
(3本セット2,970円)
20G~8G約13~14mm
(実測 12~13mm)
カーブタイプあり
サイズ展開が豊富
セット販売あり
ボディピアス専門店 スリーナイン1,223円 送料無料18G~14G約13mm
(実測 13mm)
ストレートのみ
ボディピアス専門店 凛1,100円 送料170円18G~14G約12mm
(実測 13mm)
カーブタイプあり
セレクトショップルチア1,100円 送料180円20G~8G約11~13mm
(実測 13mm)
ヘッドが薄く小さい
サイズ展開が豊富

基本的なスペックはどこも同じような感じです。

あえて言えば、へそピアスや軟骨の特殊部位などに使えるカーブタイプを取り扱っているのはボディピアス専門店JEWEL’sさん、ボディピアス専門店 凛さんの2店舗。

ただ、並べてみると微妙な違いがあるのでご紹介しますね(*^-^*)

全体像と長さの比較写真

用途としてイチバン多いと思われる18G~20Gで比べました。
これぐらいなら、ファッションピアスを着けている人でも着けやすく、いつでも16Gに戻せる太さです♪

ちなみにルチアさんは、18G~20Gという間ぐらいの太さの展開です。
18Gの3本より細いですが、ボディピアス専門店JEWEL’sさんの20Gよりは太いことが分かります。

黒い背景と白い背景においてそれぞれ比較してみた画像です。

ガラスリテーナー比較(横から全体2)

つまり

また、見て頂くと分かるのですが、ボディピアス専門店JEWEL’sさんの18Gのガラスリテーナーだけ1mm程度短かったです。(全長12mmでした)

個体差はあるかもしれませんが、もう1本持っている同じサイズのものも、16Gのものも12mmでした。私は耳たぶが薄いので気にならないのですが、耳たぶが分厚い人は窮屈かもしれません・・・

気に入っている理由の一つなのですが、やはりボディピアス専門店JEWEL’sさんはしっかり真っすぐな軸が特徴ですね。

とはいえ、見比べないとそんなに気になるものではありません。

ちなみにガラスなので先端がぷっくり丸くなるのは製品の性質としては避けられないようです。

トップ(ヘッド)の大きさ比較写真

横から

ガラスリテーナー比較(横から)

真上から

ガラスリテーナー比較(上から)

これは手に持ったときにもすぐに感じるのですが

  • セレクトショップルチアさんはとてもヘッドが小さい
    ヘッドが薄いのも特徴で、目立たないようにしたい場合には最適です。

ただし、ヘッドが小さい=埋まりやすいということなので、不安定なホールやギュッと締め付ける行為には気を付けてくださいね。

もちろん20Gになるとボディピアス専門店JEWEL’sさんのヘッドも小さくなるのですが、薄さはルチアさんが優れているので私は気に入っています♪

ガラスリテーナーのメリット

ここで、ガラスリテーナーのメリットをおさらいします♪

透明度が高い

透明ピアスの中で最も高い透明度なのが、ガラスリテーナーです。

耳馴染みがよく、とても目立ちにくいです。

  ガラスリテーナーの装着イメージ(14G)  

(ただし、穴の部分は黒く見えてしまいます…写真は14Gです)

金属アレルギーリスクがゼロ

もちろんガラスですので、金属を含んでいません。

ツルツルで清潔

表面がツルツルなので汚れが溜まりにくく、ファーストピアスにも最適と言われています。

ただし、ヘッドと軸のつなぎ目のところに汚れが溜まりやすい構造にはなっているので長期間着けるときには時々清潔にしてあげてください。

ちなみに、アルコールなどの消毒液や石鹸などは問題なく使用できます♪

ガラスリテーナーの注意点

Oリングよりシリコンキャッチがオススメ

透明ピアス(ガラスリテーナー)

ガラスリテーナーには写真のようなOリングと呼ばれるキャッチが付いてくるのですが、これは外れやすいうえに、不安定なピアスホールでは耳の中に埋まってしまうこと(埋没すること)があります。

埋没すると自分で取り出すのは困難ですし、手術になると1万円近くの出費は覚悟

ファーストピアスにおすすめと言われるガラスリテーナーですが、完全ではないことはご承知ください。

代わりに私はこのようなシリコンキャッチを使用しています。

キャッチの締めすぎに注意

シリコンのキャッチでもOリングでも一緒ですが、ガラスはアクリルやPTFEのリテーナーと違ってキャッチを留めるくぼみがなく、抜け落ちやすいためにキツクしめてしまう人が多いです。

キツクしめてしまうと、血液循環が悪くなって潰瘍や腫れの原因となったり、キャッチやヘッドが耳の中に埋まってしまう原因となります・・・

キャッチの締めすぎには十分注意しましょう。

割れる危険性は0じゃない

強化ガラスで作成されているガラスリテーナーですが、もちろんガラスなので割れる可能性はゼロではありません。

耳に装着していて日常生活で割れることは無いと思いますが、財布の中やポケットの中など、雑に扱わないようにご注意くださいね。

透明すぎて紛失に注意

ガラスリテーナーの最大の利点かつ欠点は透明度がとても高いことだと思ってます(^^;

耳に着けると本当にきれいに馴染んでくれるのですが、反面、落とすとどこに行ったか分かりません(>_<)

特に柄のはいった床とか、這いつくばってライトで地面を照らしてやっと発見できるレベルです(^▽^;)

ついに見つけきれずに紛失したこともありました(´;ω;`)

皆様も紛失にはお気を付けください・・・

樹脂ピアスよりは重い

表面のツルツルさでは樹脂ピアスに秀でていますが、重さでは負けてしまいます。

ファーストピアスやセカンドピアスでガラスリテーナーを使っていて調子が悪い…というときには、軽い樹脂ピアスやチタンピアスに交換してみるのも手ですよ。

まとめ

今回4つの会社を比べてみて、今までリピートしてきた2社はサイズ展開も豊富でそれぞれ「安い」「目立ちにくい」という特徴があり、今後も使用していきたいなぁと改めて感じました(*^-^*)

セレクトショップルチア 

  • ヘッドが目立ちにくい
  • 18Gと20Gの間(19G?)がある
  • サイズ展開が豊富

ボディピアス専門店JEWEL’s

  • カーブタイプあり
  • 最も細い20Gがある
  • サイズ展開が豊富
  • セット販売あり

今回初めて購入してみた以下の2社ですが、サイズ展開は少な目ですが一般的に使用するゲージでは全く問題なく、凛さんではカーブタイプもあります。スリーナインさんは一見値段は高めですが、定期的にクーポンが配布されているので安く購入することもできます♪

どちらも商品自体もしっかりとしていたので、何か他の商品を購入する際に一緒に購入したりするかなぁと思いました♪

ボディピアス専門店 凛 

  • カーブタイプあり

タイトルとURLをコピーしました