【ファーストピアス】失敗しない!正しい選び方|看護師が解説・ピアスケア | ピアスケアの理由

ファーストピアスって?

ファーストピアスって...? ピアスの形・素材など
  • ファーストピアスって何?
  • 選び方は?
  • いつまで着けるの?
  • お手入れは?

という質問に答えていきます(*^-^*)

スポンサーリンク

ファーストピアス とは

弱いピアスホールができるまで着けるもの

まず、ピアスほどの傷ができたとき。

体がどうやって対処するのかを見ていきましょう( ..)φ

① 穴があく(ギャー、体大パニックです)
② ひとまず止血を頑張る
③ 3日位でバイ菌や死んだ細胞の掃除をする
1週間程度で皮膚の基礎になる細胞が増えていく
1か月ほどかけて薄い皮膚が張っていく
2~3ヶ月かけ皮膚が強くなっていく
⑦ 塞がらないほど強くなるには1~2年以上かかることもある

​つまり、1~3ヶ月程度はファーストピアスで傷を守る。
次にセカンドピアスに交換。(条件が合えばファーストピアスのままもOK)
更にピアスホールを守り育てる。という感じです。

セカンドピアスって何?選び方は?
セカンドピアスの選び方】をご参考に(*^-^*)

この、ファーストピアスの選び方今後のピアスホールの運命を握る大切な条件になってきます(>_<)

ちなみに、フープピアスやフックピアスのようなものは負担以外の何物でもないので、もってのほかですΣ(゚д゚lll)

ファーストピアスのオススメ条件

○ 飾り(トップ)が小ぶりだけど埋没しないサイズ(3~4ミリくらい)
○ 引っかかりが少ない
○ 金属アレルギーの心配がない
○ 軸の長さが適切(有効軸が元のお耳プラス2~3ミリくらい)
○ 適度な太さ(今後ファッションピアスをするなら16~18Gくらい、ボディピアスなら14〜16くらい)

長すぎると引っかかってしまいますが、短いと腫れた時にピアスが埋まったり、圧迫されて血流が悪くなり潰瘍となったりします。

また、飾りの大きさも、小さいと埋まる原因になり、大きすぎると負担になります。

ピアッサーのページにも長さの選び方を詳しく書いています♪

ファーストピアスは再使用してもいいの?

再使用してはいけない理由はただひとつ。

先がとがっていて危ないから

です。
つまりピアッサー付属のピアスです。

つまり、先端がとがっていないピアスであればOKですし、ニードルであけたあとの接続であれば昔使っていたファーストピアスが尖っていても傷に触りませんから、使用してもOKです☆

とはいえ、きちんと消毒して清潔な状態でご使用くださいね(^^)/

お風呂は入れないの?

入れます!

3日入れないという不思議な話もあるそうです。

3日ぐらい入らなくても平気なのかもしれませんが、私は毎日入りたいです!

当日にでも、耳の火照りや出血さえなければ、刺激(ひっかけたり、こすったり)に注意すれば普通に入ってOKです(^^;

3日というのは、きっと「炎症期」のことを示していると思いますが、過剰なケアをしなければ特に問題はありません。

炎症期は,好中球やマクロファージなどの浸潤により病原体の進入を防ぎ,異物の除去に当たる時期である.この時期に過剰な洗浄や消毒を行うと浸潤してき た細胞まで洗い流し,細胞自体を障害することになる.

創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―1 – 日本皮膚科学会

ただし、上がる前にはシャワーで優しく石鹸などを洗い流してくださいね☆
参考 基本的な洗浄方法について

透明を使ったら癒着する?

樹脂の多くは癒着「しやすい」とされていますが、「表面が荒いものほど細胞がくっつきにくい」という真逆の文献もあるので、真偽は定かではありません(/・ω・)/

トラブルの原因は某袋で見る限り、トラブルのほとんどは「埋没」と「回したせい」「消毒のしすぎ」です。

軸長の短いものを使って埋まったケースと
過剰に反応してケアをしすぎるトラブルが大半ですね。

癒着はコチラで説明していますが、なかなか起こるものではありません。

とはいえ、金属に比べると脆弱性で不安はあります。
おかしいな?と思ったら、思い切って素材を交換しましょう!
素材について詳しくはこちらを。

ケア方法

とにかく安静と清潔を。

詳しくは以下を参照。
とにかく、清潔と安静が大切なんです。

  • 回さない
  • 刺激しない
  • 消毒しない
  • 優しくシャワー
詳しくは【基本のケア】を参考♪
トラブルで困ったときはこちらもご参考にm(__)m☆
ピアストラブルで困ったら
トラブルとケア|早見表

タイトルとURLをコピーしました