【ピアス 安定】失敗例多発…。正しい完成チェック法|看護師が解説・ピアスケア | ピアスケアの理由

ピアスホールの安定・完成の見分け方

ピアスホール安定の見極め方 よくある質問

実はチマタで出回っている「ピアスの完成・安定の見極めかた」

安定のチェック項目全部クリアしてたのに、外したら失敗した…!」という泣きのカキコミが知恵の袋にも私の元にも多数・・

実は、看護師になった今考えれば、おかしいことだらけなんです・・・

今回は、「見極め方」に惑わされず、きちんとピアスホールを観察できるよう

ピアスホールの安定・完成の見極め方はあるのか
やってはいけないチェック項目

について説明します(^^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファーストピアスを外すまで分からない

時々、●ヶ月で安定し、●ヶ月で完成!と思っている人が居ます。

はい、高校生の私がそうでした(^^;

1か月したら安定してると信じ、29日では外さず30日目に外しました。

もちろん、

  • ピアスをしっかり動かして痛くない
  • 体液も血も出ていない
  • 化膿もしてない

ことを確認した後で・・・!

外してみた結果は見事

惨敗。

実は、ピアスホールの安定や完成って目で見てわかるところは本当に少なくて、もう何十回もピアスホールを開けてきましたが、いまだに外す前に確認できるコレ!という絶対的なポイントはありません

しかし、ある程度の「目安」はあるので、「やってはいけない事」と一緒にご紹介します

安定~完成のポイント

ホールの周囲が窪んでいる

これは、唯一と言っていいほど理にかなったピアスホールの完成の目安と言っていいと思います。

なぜなら、ピアスホールができるまでで紹介した通り、皮膚は強くなる過程で収縮していきます。

つまり、ピアスホールの場合は穴が窪んで(凹んで)見えてくるのです(*^-^*)

写真が暗く汚くて申し訳ないですが、これが私の何も着けていないピアスホールです(>_<)

何も着けていない耳のピアス穴(16G)

ちなみに、このピアスホールは下(メイン)のほうは少し重たいピアスを着けていたせいもあり、タテに伸びています(^▽^;)

2番目のホールがきれいに窪んでいますね。

ピアッシングした直後ほど、マンホールのようにストンとした穴なのですが

完成に近づくにつれ、皮膚が収縮していくため中央に向かってアリジゴクの巣のように窪んでいくんです。

ただし、これはピアスを着けた状態では分からない事が多いです。
無理にピアスのスキマから窪んでるかな?と覗き込まないようにしてくださいね(・_・;)

穴の中が赤くない

ピアスホールができるまででお伝えした通り、皮膚ができるまでの良い肉芽や、薄い皮膚が張った状態では、表面は赤やピンク色をしています。

なので、ピアスホールを開けて数週間では、トラブルがなくても赤く見える事もありますが心配なし。

また、皮膚ができていても、「炎症」を起こしていると腫れが赤く見えます。

そのため、ピアスホールの中の皮膚の色が、周囲と同じ肌色であるというのは、完成に近づいてトラブルがない一つの目安になります(*^-^*)

ただしこれも、もちろんピアスを外してみないと分かりません。

完成・安定の見極めにならないポイント

体液・血が出ない

一見、体液や血が出ていないと完成に近づいているように思いますが、実はそうではありません。

あくまで「トラブルがない」だけであり、しっかりした皮膚が出来ている証拠にはならないのです。

私も若い頃はこれを安定の条件と考えていましたが、体液や血がでないのは、よほどのトラブルにならないかぎりは普通のことなのです。

体液や血が出ないからと、セカンドピアスで無理をしたり、ピアスを外す時間を急に長くしたりするのはNGです((+_+))

化膿していない

体液・血と同じで、化膿していないからと言って、完成の目安にはなりません

化膿が表面まで現れるケースは少ないため、トラブルが無いと思っていたのにピアスを外したらドロっと膿みが出てきた…!という事もしばしば・・・。

実際私がそうでした。

膿んでいないと思い込んで1か月でファーストピアスをはずしたら、ドロッとした体液が・・・毎日消毒も朝晩していたのに・・・ショックでした(´;ω;`)当時は消毒を信じていましたから。

そんなときは焦らずにセカンドピアスに移行するか、そっとファーストピアスに戻しましょう。体液の対策はコチラ。
間違っても膿を押し出そうとしないでくださいね。

安静にしていて痛みを感じない

これは全く完成の目安になりません。

だって、綺麗にあけることができたら、当日から痛みは感じないのが耳たぶのピアスです。

高校生の私も、痛くないから安定している!と思い込んでいましたが、痛くないのは当たり前の条件。

トラブルになっていても痛くなかったんです・・・!

時々、痛くないから翌日に交換してもいいですか?という無茶なご質問がありますが、まったくもって完成ではありません(^^;

痛くないのは普通のコト。と思って、過度な期待はしないでください。

やってはいけないコト

ピアスを回して痛みを確認

ピアスを回して痛くない/スムーズに回るなら、ピアスが安定・完成している証拠と思っている人がいますが、大きな間違い

体液が出ていると、滑ってとても良く回りますし、痛いことは稀です。

逆に回すことで皮膚や肉芽の負担になり、トラブルになりやすくなってしまうので、回転させて確認することはやめてくださいね(^▽^;)

ぎゅっと摘んで確認

これは、体液や出血が無いかどうかの確認だそうですが、もしトラブルがあった場合はぎゅっと摘むことでピアスが塞がる原因になったり、感染の広がりや腫れの助長などを引き起こしてしまいます(*_*)

体液が無いかどうかは、そっとティッシュなどの清潔なもので押さえて確認すればOK。

そもそも体液自体は悪いものではないので、出ているからどうという話ではないのです。

体液が出ているかを確認するなら、外したピアスの軸をティッシュで拭うだけで十分です(^▽^;)

耳の負担は与えないようにしましょうね♪

ピアスの隙間を確認

ピアスホールが完成したら、ピアスの軸と耳の間に隙間ができる?という話があるそうです。

10個以上もピアスあいてる耳ですが、スキマ?見たことありません。

そりゃ、12Gにしてたピアスホールに20G入れたらスキマはありますよ(^^;

ただ、ファーストピアスやセカンドピアスのような通常のサイズの穴でスキマができることは逆におかしいです。だって、皮膚は収縮しようと中央に寄って行くので、ファーストピアスの段階でスキマがあれば、え?排除じゃないの?大丈夫?と逆に心配になります(^^;

隙間を確認しようとピアスをぐいっと動かして、傷を作る原因になるのでやめてくださいね(^^;

さいごに

どうでしたか?(^▽^;)

ピアスホール安定の目安、や完成の見極め方!みたいなサイトの記事を読んだのに失敗した!という人があまりにも多いため、そりゃそうだよ~と思って記事にまとめました。

でも、同じように勘違いして私もはじめてのファーストピアス、大失敗しています(^^;

体に穴を開けてるんだから失敗だって当たり前。

トラブルと対応などのページを参考に、慌てず対処してください。

私の初ピアスももう気付けば15年?今では重たいピアス着けて頭を振り回しても、子どもに引っ張られても大丈夫です。

皆さんもきっとそんな日が来ますから、焦らずしっかりピアスホールを完成させてくださいね(*^-^*)

タイトルとURLをコピーしました