【写真で比較】透明ピアス素材の特徴☆つけっぱなしOKも|看護師が解説 | ピアスケアガイド

【透明ピアス】オススメと特徴比較

透明ピアスの比較、見比べ、全体横から.透明ピアスについて

透明ピアスは、汚れが溜まるとか、不潔とか、化膿する、癒着する、色々言われています。

が、実は勘違いがホトンド

素材と用途をきちんと使い分けすれば、とても優れた存在なんです!

もちろん素材によってはファーストピアスにも、付けっぱなし使えます

このページでは

  • 透明ピアスを写真で比較
  • 素材ごとのメリット・デメリット
  • ファーストピアスにおすすめ
  • 肉芽ケアにおすすめ
  • 安くておすすめ

の透明ピアスについてご紹介していきます(*^-^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

写真で比べてみる

実際私が使っている透明ピアスたちを比べてみます。
購入の参考になれば幸いです(*^-^*)

素材の特性と私が購入した場所について詳しくは、下に順番に記載していますm(__)m☆
値段は買ったときのお値段です

①ガラスリテーナー(約1000円)
②テフロンコード(1cmで69円)
③テフロンリテーナー(486円)
④シリコンチューブ(32cmで864円)
⑤アクリルリテーナー(50円)
⑥アクリルラブレット(50円)
⑦エコッピ※丸小タイプ(10本で324円)
⑧100均セリアのピアス(10本で100円)

透明ピアスの比較、見比べ、全体横から.
ガラスが見えなくなるので、少し暗く撮影しています、それでも見えにくい!

できるだけ16Gで揃えましたが、②④は14G、⑦⑧はおよそ20Gです、ゴメンナサイ…

つぎは肌色のクッションに差し込んで、いろんな角度から比べてみました☆

透明ピアスの比較、見比べ、いろんな角度から.
②と④は良く見ないと分からないと思います。実際はOリングなどで留めることが多いですが、私はそのまま刺しています(^^;

横から見ると、ちょっと見え方の印象が変わってきますね。

分厚さも色々です

実際耳に着けてみた感じピアスの隠し方については
ピアスの隠し方】に詳しく記載しています

透明ピアス比較

透明素材と商品例・値段の一覧表

素材名こんな時に活躍オススメ商品価格(2019.8)メリットデメリットファーストピアス 
ガラスファーストピアス
化膿
金属アレルギー

1200
(3個セットは2970)

透明
ツルツル
耐久性
清潔さ
耐熱性
値段
割れる可能性
種類が少ない
OKガラス
テフロン

ファーストピアス
金属アレルギー
肉芽

486ツルツル
軟らかい
耐熱性
ちょっと高い
種類が少ない
商品によってOKテフロン
シリコン肉芽
金属アレルギー
太さ調整
スポーツ全般

864
(15cm×2本の価格)

めっちゃ軟らかい
耐熱性
ちょっと高い
種類が少ない
商品によってOKシリコン
バイオプラスト肉芽 
金属アレルギー
580軽い
軟らかい
安い
耐久性が悪い
耐熱性が悪い
ニセモノが多い
NG!バイオプラスト
ナイロン金属アレルギー945
※ノストリル用
軽い
安い
耐久性が悪い
耐熱性が悪い
種類が少ない
NG!ナイロン
ポリプロピレン肉芽 
金属アレルギー
324
(8本の価格)
軽い
めっちゃ軽い
めっちゃ安い
耐久性が悪いNG!ポリプロピレン
ポリカーボネート金属アレルギー300
※ピアスパーツです
(10本の価格)
軽い
透明
安い
耐久性が悪い
耐熱性が悪い
種類が少ない
商品によってOKポリカーボネート
アクリル金属アレルギー50軽い
透明
安い
アルコールに弱い
耐久性が悪い
耐熱性が悪い
NG!
ただし軸を
金属に交換して
ボールを使うのはOK
アクリル

個体差はありますが、素材としての概ねの特徴として参考にしてください(^ ^)

では、用途別オススメピアスの詳細解説です☆

清潔でファーストピアスにオススメ

ガラスリテーナー(とにかく透明が良い時も)

透明感◎  ツルツル◎  柔らかさ×  耐久性※  重さ△  耐熱性◎  お値段×

メリット
透明感は最強。
ツルツル感がハンパナい → 付け替えの痛みが少ない。
とっても衛生的。
付けっぱなしOK。
消毒液OK。

経験と素材の特性から考えて、長ささえ合えば​トウピの中でファーストピアスにダントツで向きます。

デメリット
細いほど、衝撃で割れ欠けする可能性がある。
(私は20Gをポケットに入れてオシリでふんだときだけ割れました)
樹脂よりは重い(金属よりは軽い)
軸の長さが選べない → 薄いor厚い場所に向かない
1本1000円くらいする(長く使うほどお得ですけどね♪)
キャッチ無くしやすい。
(なので付属の【Oリング】でなく、【シリコンキャッチ】をおすすめします!)

ガラスリテーナー 比較

有名2社を比較しました(18Gです)

Jewel’sさんのほうが、丁寧でまっすぐ、しっかりした印象。
ルチアさんのほうが、トップが薄くて小さく、より目立ちにくい印象です。
​長さはルチアさんのほうがやや長め。

値段はほぼ同じですが、Jewel’sさんは3本セットの割安販売があり、私はそちらで一気に購入します。(穴が多いので…)
より隠したい時ルチアさんのピアスを大切に使っています(*^-^*)
どちらもOリングは使わずに、シリコンキャッチを買って着けてます(^^;

テフロン(PTFE)

透明感△  ツルツル◎  柔らかさ△  耐久性○  重さ△  耐熱性◎  お値段△

メリット
くっつかないフライパンで有名なツルツル素材。
比較的柔らかで肉芽にもGood。
熱や寒さに強い→マリンスポーツや雪山にも。
基本的な消毒液OK。
比較的付けっぱなしOK。

ファーストピアスに使えるものも多く、トラブルにも向く。
コードは長さ調節OK。
​↑※ただし、製品差が大きいのでファーストピアスやトラブル時に悪化するなら、ガラスや金属に変更を。

デメリット
樹脂なので劣化はしていく
​細いゲージがない。

私の使っている商品は、アクリルに比べて透明感が高くて頭も薄いので、ガラスまではいきませんが肌馴染みがよくて気に入っています。
軸の長さが選べるのもうれしいんです(*^-^*)

​柔らかく軽くて肉芽にオススメ

シリコン樹脂(スポーツにも​)

透明感△  ツルツル△  柔らかさ◎  耐久性○  重さ○  耐熱性◎  お値段

メリット
柔らかい。
衝撃に非常に強い。
寒さや熱に強い→マリンスポーツや雪山にも。
消毒液OK。

肉芽トラブルに非常に向く。
チューブは長さ調節OK。
太さ調節にも。

デメリット
柔らかいため挿入しにくいかも。
劣化はしていく。
細いゲージが少ない。

​肉芽対策だけでなく、好きな長さに切って、いろんな用途が可能。
ピアスを隠す時に学生時代大活躍しました。
上記テフロンより更に柔らかく、中が空洞なので太いホールをキープしながらファッションピアスをつけることもできる、私のロングヒットアイテム。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シリコンピアス 2個入り 18G 16G 14G 12G 10G ケア用品 ボデ…
価格:864円(税込、送料別) (2019/2/13時点)

シリコンチューブ ピアスを目立たせないキープ法
軟骨ピアスにファッションピアス
14Gの軟骨ホール。太さをキープしながらファッションピアスを着ける。

バイオプラスト樹脂

透明感△  ツルツル△  柔らかさ△  耐久性△  重さ○  耐熱性×  お値段○

メリット
シリコンには劣るが柔らい
衝撃にも強い。
軽い。
何より安いのがメリット。
耐熱性も高い→マリンスポーツや雪山にも。
消毒液もOK

デメリット
表面は傷がつきやすい。
使用していると比較的短期間で劣化が進む。
なのでファーストピアスにはかなり微妙な感じ。

こちらはバイオプラストの仲間です

​なぜかネット上でバイオプラストがファーストピアスに向いているという話があるそうです。理由を調べると「医療用だから」「石油でなくトウモロコシからできているから」「消毒が出来るから」というもの・・・。ポリプロピレンなんかに比べるともちろん優れている点は多くあります。かといって、ファーストピアスに絶対的に向く理由になりません。

医療用って言っても入れ歯の土台です。トウモロコシデンプンは土に還るので優しいですが、耳には関係ありません(笑)。消毒ができても、ファーストピアスには向きません。気になったので出来る限りの販売元に連絡を入れましたが、1社を除き回答して下さった会社は全て「ファーストピアスにするには傷つきやすいので不潔です、自己責任で」という内容でした。

とにかく安さを求めるなら

ナイロン樹脂

透明感△  ツルツル△  柔らかさ△  耐久性△  重さ○  耐熱性×  お値段○

メリット
シリコンには劣るが柔らかい
衝撃にも強い。
軽い。
価格が安い!

デメリット
表面は傷がつきやすい。
使用していると比較的短期間で劣化が進む。
消毒液は種類によりNG

ポリプロピレン

透明感△  ツルツル△  柔らかさ△  耐久性×  重さ◎  耐熱性○  お値段

メリット
とーっても、軽い
とにかくとにかく安い!

デメリット
とにかく安いので成形が雑なものが多く、耳に当てるだけで痛いことも。
太さのレパートリーはすくない。
消毒液は種類によりNG

​安くて透明がいいときは

有機ガラス(アクリル樹脂・ポリカーボネート樹脂)

透明感○  ツルツル△  柔らかさ×  耐久性△  重さ○  耐熱性×  お値段

メリット
透明感が強い。
ポリカーボネートは衝撃にも強い
(JPSピアッサーの透明ピアスもこの仲間)

デメリット
表面は傷がつきやすい。アクリルは熱にも弱く、消毒液(アルコール)で劣化する。
名前は有機ガラスでも、ガラスじゃないのでファーストピアスには使えない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボディピアス 16g 14g 透明ピアス 軟骨 樹脂 ピアス 16G 14G 軟...
価格:50円(税込、送料別) (2019/6/24時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボディピアス 16g 14g 透明ピアス 軟骨 樹脂 ピアス 16G 14G 軟...
価格:50円(税込、送料別) (2019/6/24時点)

タイトルとURLをコピーしました