【ピアス】正しいアフターケアでトラブル予防|看護師が解説・ピアスケア | ピアスケアの理由

ピアスの正しいアフターケア

ピアスケア ピアスを開ける時

​治らないピアスホールのトラブル。
案外、アフターケアが原因ということも多いです。

  • 触りすぎていないか
  • ピアスは適切か
  • 洗い方は間違ってないか
  • 消毒液を使用していないか

こんな単純な事でトラブルがびっくり良くなることも!

このページでは、きれいなピアスホールを作るために、ピアスを開けた後、トラブルにならないためのアフターケアをお伝えします(^▽^)/

スポンサーリンク

アフターケアの原則

ファーストピアスは消毒しない

ファーストピアスを開けた後の消毒について、ほんと色々な説があって迷いますよね…

現役看護師の身としては

  • 開ける前は消毒
  • 開けた後は洗浄。

です。

消毒がもたらす悪い現象についてはこちらの記事に記載しています。

​お風呂ついでにケア

ピアスは着けたまま普通にお風呂に入ります。

目的は細菌を殺すことではなく、細菌のエサとなる「汚れ」を落としてあげる事です。

​お風呂の最後にシャワーで優しく裏表流してあげてくださいね。
手も綺麗になっているので、一石二鳥★

石鹸を使うかどうかは、その時の汚れ具合や、皮膚の強さによって変えます(^^♪

1日に2~3度洗うという人もいますが、洗いすぎは体に居る「良い菌」や、傷の治りを良くするための必要な体液まで流してしまいます
特別に汗をかいたりしない限り、皆様のお風呂のついで、つまり1日1回で大丈夫です。
手術のあとだって、1日何度も洗いません・・・
もちろん、朝シャンと夜風呂をする人は1日2回になってもOK。

動かさない

諸説ありますが、少なくとも回す必要

絶対に

ありません。

癒着しないように回すというのが理由らしいのですが、きちんとケアしていれば癒着なんてしません

お湯で流したり洗っているうちに​勝手に動きますしね。

​みなさま癒着と思っているのは、大概が浸出液がノリ代わりにくっついてしまっているケースです。

確かに回すと剥がれますが、刺激により更に浸出液が出ますので、トラブルや完成が遅くなる原因になります。

そんな時は、焦らずホットソーク​(リンク)でふやかして、徐々に優しく浸出液を除去しましょう(*^-^*)

触るのは最小限

ピアスをむやみに触らない

手って、ものすごいバイキンが住んでるんですよ・・・

ピアスを開けた後、気になって触ってしまう・・
なんだか液体が出てきたら、パリパリ取ったり、綿棒でつついたりしてしまう・・・

とっても気持ちは分かります(;_;)
だけど、絶対にしないでくださいね。
パリパリした体液は、ホットソークでふやかしてシャワーで優しく剥がすだけ。
参考 体液について

ピアスは着けっぱなし

ピアスホールができるまで」で説明した通り、穴ができる途中の「良い肉芽」はとても刺激に弱いです。

特に開けてから1~3ヶ月経過するまでは、赤ちゃんより弱い皮膚だと思ってくださいね。

付け替えはもってのほか!

ピアスでは着脱を繰り返す度に膿が出ることがあります。これらは肥厚性瘢痕やケロイド発症のリスクになります。

日本創傷外科学会より

ピアス穴あけ後、初期のむやみな着脱は、上記の通り肉芽などの「デキモノ」が出来るリスクにつながります。

丁寧に、丁寧に扱って、刺激をできるだけ避けてください。

どうしても交換したい!

学校や会社で、どうしても交換しないといけないときは、ワセリンなどの軟膏を使って滑らせるのもコツの一つです(>_<)
参考 軟膏の種類

付け替えの時にはゆっくり時間があるときを選んで、しっかり鏡を見て手は清潔にしてください。

また、透明ピアスに付け替える方が多いようですが、

  • 適切な素材(摩擦が少なく衛生的)
  • 無理のないサイズ
  • 埋没しにくい構造

を選んであげてください。

透明だと癒着すると勘違いして、学校や会社のたびに付け替えている人もいるようですが、そっちのほうがトラブルの原因になります。

一度透明にしたら、落ち着くまではかならず付けっぱなしにしてください。

セカンドピアスに交換してからも、一気に無理をするのはNGです※

圧迫しない

ピアス:長さの目安

これまた「良い肉芽」の話ですが、圧迫が大嫌いです。
キツいピアスや、動かす動作で弱いピアスホールはとても刺激を受けます。

また、血流が悪くなると傷の治りは遅くなります
(医療現場では減圧療法なんて、圧を低くする治療もあるぐらいです)
ちなみにホットソークはこの逆で、血流を良くして治癒を早めよう!という理由もあるのです。

長すぎるピアスも、揺れや重さが負担になるのでNGです。

適切な形を選ぶ

ピアス:セカンドピアスとは?
大きすぎるピアスも負担。
キツすぎるピアスも負担になります。
 
弱い皮膚では、金属の重みが負担になり、樹脂などに変えると良くなることも。
参考 素材別の重さ比べ

上記で引用を示した日本創傷外科学会でも、ケロイドや瘢痕などの見た目を悪くする「傷跡」の原因として「引っ張られる力」を紹介しています。

ピアス:重さで肉芽

ピアスの形やサイズでの肉芽トラブルはかなり数が多くて典型的です。
参考 肉芽ページ

CBRとか、フープピアス、スタッドピアス(B型キャッチ)など、オシャレなピアスを楽しみたい気持ちは分かりますが、タイミングをしっかり見計らって(‘_’)

適切なピアスを選んでトラブルを予防してくださいね(*´▽`*)

さいごに

いかがでしたか?

「知ってたよそのくらい”(-“”-)”」という人や、

「目からウロコ!!(*_*;!!」

という人など、色々だと思います(^^;

もちろん、今回お伝えしたのは「基本」のケアなので、洗浄のタイミングやピアスの形の選び方などは、その時の状態や体質によって「オリジナル」のケアを行ってあげてくださいね♪

当サイトでは、他にも、皆さまが案外知らないトピックを色々扱っています。

ぜひご参考にしてくださいm(__)m

タイトルとURLをコピーしました