【膿?体液?】ピアスホールから出る『汁』の見分け方|看護師が解説・ピアスケア | ピアスケアの理由

ピアスホールから出る汁の見分け方は?

ピアスホールから出る体液の見分け方 よくある質問

以前「体液」のページで、原因ごとの特徴と対策を解説しましたが、見た目ごとに判断したいというご希望があったので、解説方法を変えてみました(*^-^*)

対策につなげる目安として参考にしてください♪

皆様の耳から出てくる「謎の液体」が判明することを願っていますm(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「汁」の種類の見分け方

サラサラ透明(薄黄色)の液体

いわゆる「ただの体液」で、中身は血漿とよばれる血液の液体成分です。

傷や異物に対応するために血管から滲み出てくる浸出液と呼ばれる液体ですね(^^)/

中には「傷を治せ~!バイキンと戦え~!」と指令になる成分が混ざっていますので、傷の治癒には欠かせないのです(^^)☆

ただし、金属アレルギーでも出てくることが・・・。

対策

  1. まずは金属アレルギーかどうかの判断と安全なピアスであることを確認
  2. ケアが負担になっていないかを確認
  3. そっと安静に放置する。
  4. パリパリとるのはNG!気になるならホットソーク

白く濁った液体

先程の「浸出液」に、白血球などの細胞の死骸が混ざった状態です。

対策

傷に一切バイキンが存在しない人はまあいないと思うので、多少白いのが混ざっていても

「あぁ、良く戦ってくれたんだな!ありがとう!」でOK(^^)/

気になると思いますが、こちらもパリパリやネタネタをとるのはNG!気になるならホットソークでふやかしてシャワーで洗い流します(‘_’)

次に説明する、感染の状態にならないように、適切なケアを継続しましょう♪

黄色~緑に濁ったネトネト

いわゆる「膿(うみ)」ですね(^^;

先程お伝えした白血球などの、バイキンと戦う細胞が負け続けると、バイキンが過剰に増殖し「感染」という状態になります。

感染を起こすと血液成分やバイキン、死んだ細胞などの老廃物がドロドロと溜まり、汚~い体液となります。

ちなみに、腫れや痒み・痛みを伴うことも多いですが、「粉瘤」というニキビの親戚みたいな状態になると、袋の中で感染がとどまる(けど一向に治らない)ので、シコリと時々出る液体だけの症状でとどまることも多いです(*_*;

粉瘤は自宅では対処困難なので、お医者さんへ・・・

対策

  • 耳の適切な洗浄をする(通常は1日1回)
  • 無駄に触らない
  • 無駄に消毒しない
  • 耳を触る手は清潔に
  • 余裕があればホットソーク
  • 酷い場合は抗生物質の検討
  • 病院受診が最速。

さいごに

これらはもちろん、判断基準のひとつにすぎません。

自己判断が難しかったり、微妙なケースも存在すると思いますので、治らないなぁ・・・不安だなぁ・・・と思ったら病院を受診してくださいね((+_+))!

タイトルとURLをコピーしました