14Gの透明ピアスの比較(写真つき)

透明ピアス14Gの種類比較透明ピアスについて

透明ピアスの比較はコチラでも行っているのですが、14Gになると更に種類が広がり、肌色ピアスや軸を金属にする方法も選べます。

今回は、14Gのピアスの中から、目立ちにくい4つのピアスの装着写真を添えて、特徴を比較していきますね(*^-^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

14Gのピアスの種類

透明ピアス14Gの種類比較

14Gの透明ピアスの形・素材はおおまかに

  • ラブレットスタッド
  • ストレートバーベル
  • リテーナー
  • チューブやコード

に分けることができ、それぞれ

  • アクリル
  • テフロン(PTFE)
  • シリコン
  • 強化ガラス
  • バイオプラストやバイオフレックス

といった素材で出来ています。

上記の写真であるように、ラブレットスタッドタイプなら3mmぐらいの小さめボールのほうが断然目立ちません

でもやっぱり目立ちにくさを考えるなら、今からご紹介するフラットタイプがオススメ(>_<)

ガラスリテーナー

トウピ-14G-ガラスリテーナー

ご存知ガラスリテーナーは透明ピアスの中でも透明度が最も高いことから、非常に肌馴染みの良いピアスとなっています♪

しかも表面がツルツルで劣化も心配しなくていいため、ファーストピアスにも向いているピアスとして注目されています(^▽^)/

肌色透明ピアス

トウピ-14G-肌色リテーナー

管理人の注目はこちらの肌色透明ピアス!

透明ピアスを超えた肌との一体感で、ガラスのようなギラギラ感が無いので本当に目立ちません!

しかし、アクリルなのでファーストピアスには向かないという欠点が…(>_<)

トップは透明、軸は金属のピアス

トウピ-14G-ディスクのみ

ファーストピアスに断然オススメしたいのが、金属の軸(インターナルスタッド)に装着できるフラットディスク。

アクリルなのでアルコール消毒ができないデメリットはありますが、フラットディスクで軸を金属にできる唯一の方法です。(ボールタイプなら、先程お伝えしたように交換パーツが各社から販売されていますが、フラットディスクはおそらくコレだけ!)

肌色不透明のピアス

トウピ-14G-肌色ラブレット

透明…ではないのですが、案外目立ちにくいのが肌色の不透明のピアス。

いっそのこと穴が見えなくなるので、他の透明ピアスにはないカモフラージュになりますよ(*^-^*)

ただ、ピアスを着けていることには変わりがないので、いずれの方法もTPOに応じた方法でご使用くださいね♪

タイトルとURLをコピーしました